Curly1.2.3 手縫いで作ろう!ボタンホールの作り方

 

こんにちは!

 

この春、入園入学のお子さまがいらっしゃるママさんたちは、

無事に入学式を終え、少しほっとしている時期ではないでしょうか?

 

私の周りでも、

『今日は泣かずに保育園行けたみたい!』とか、

『ギャン泣きで大変だった。。😅』など、

いろいろな声が飛びかっています。

 

こういう話を聞くたびに、

子供たちはこういう事を経て、

1歩1歩成長していっているのだなと、

しみじみ。。。

 

4月はいろいろなことがスタートする季節。

子供たちに刺激を受け、

私も新しいことにチャレンジして、

1歩を踏み出してみようかな!

 

 

さて、本題に戻りますが、

今日はCurly1.2.3、HOW TO動画のご紹介です。

 

本日のお題は。

『手縫いで作ろう!ボタンホールの作り方』

 

ボタンホールって、専用の部品がないと作れないと

思っているみなさま。

 

実は手縫いでもできるんですよ!

 

ミシンと違って、手縫いのあたたかさのある

ボタンホールができます。

 

 

作り方はこちらをどうぞ☆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

music→https://www.bensound.com

 

 

 

 

 

おさらい

 

1、ボタンホールの周り

 

まず、ボタンホール(切れ込み)の周りを縫います。

今回はミシンで縫いましたが、

もちろん手縫いでOK!

これは、生地の補強のためのステッチです。

 

この補強のステッチが縫えたら、

ボタンホールをカットしてくださいね!

 

 

 

2、糸を通す

 

補強のステッチの上に糸を通します。

この糸は刺繍糸でOK!

上記画像順番で糸を通してね!

 

『上』の場合は、針を上から刺す。

『下』の場合は、針を下から刺す。

 

刺繍する糸は太めの糸がオススメです。

 

 

 

3、刺繍する

 

糸を通し終わったら、いよいよ刺繍します。

 

まず、通した糸の外側から針を刺し、

ボタンホールから針を出します。

 

 

 

次に針に糸をかけます。

 

 

針を引っ張ります。

 

 

これが基本の刺繍の刺し方です。

 

 

これを繰り返します。

 

 

 

角は針を放射線状に刺していきます。

 

ぐるりとボタンホールの周りを刺繍してくださいね。

 

 

 

4、始末

 

ボタンホールの周りに刺繍できたら、

針を裏側に出し、玉結びをします。

 

 

 

玉結びをしたら、

裏側の刺繍した糸の間に針を通します。

 

最後に返し縫いをしたらできあがりです!!

 

 

 

こんな感じに仕上がりました!!

ミシンで作ったものより、ハンドメイドの温かみがあって、

可愛いボタンホールができますよ♪

 

 

ぜひ、1針1針愛情を込めて、

ボタンホールを作ってみてくださいね!!

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ソーイング♪


コメント
コメントする








   

ショップに戻る

 

selected entries

categories

archives

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM